理事長挨拶

理事長挨拶

がん療法の規定にするために
皆さんのご支援をいただき、
国に働きかけていきたいと
思っております。

NPO法人 抜苦ねっと理事長渡辺 信英(東北福祉大学 副学長・理事)

がんの治療としては、従来型の放射線療法、化学療法、手術療法などが
多く利用されていますが、私たちはがんの予防及び治療に最も有効な方法は
免疫細胞BAK療法であると考えています。

日本において死因のトップはがんであり、それは1981年から現在まで変わらず、しかも、年々増加しています。2020年にはがんによる死亡は230万人になるとされ、統計上は男女とも二人に一人ががんになると推計されています。このような現状に政府もがん対策は国の責務として、がん対策基本法(2006年)を制定し、がん対策基本計画(2007年)に策定しました。これによって、政府はがん対策を総合的・基本的に推進しようとしています。
基本計画に示されているように、がんに罹患すると、その方は、全人的苦痛(身体の苦痛、死への恐怖、不安、うつ状態、職場や家庭の気疎さ)に陥ります。
NPO法人「抜苦ねっと」は、がんを治癒し再発を防止し、がんのおそれのある方のがんを予防することによって、がんの苦痛から自由になり、活き活きしたクオリテイオブライフ(アクテイブな生命・生活)をしていただくために設立いたしました。がんの治療としては、従来型の放射線療法、化学療法、手術療法などが多く利用されていますが、私たちはがんの予防及び治療に最も有効な方法は免疫細胞BAK療法であると考えています。従来型の療法と異なり、免疫細胞BAK療法は正常細胞を傷つけずにがん細胞だけを殺し、副作用がまったくなく、何年続けても効果のある療法です。さらに、免疫細胞BAK療法は免疫細胞療法ですが、他の免疫細胞療法と比較すると、がん治療のための重要なリンパ球を他の療法の10倍多い100億個が培養されるのです。この培養によって、がんを治癒し、再発を防ぐのです。また、本法人では微細がんの検査も行っております。微細がんが発見されたとき、免疫細胞BAK療法により微細がんのうちにがんを退治してしまうのです。このように免疫細胞BAK療法は事後の再発防止と事前の予防をする療法なのです。
この免疫細胞BAK療法をいつでも気軽に利用していただくための「がん予防友の会」も多くの方に利用していただいております。
「政府は、がん対策を実施するために必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない」(基本法第8条)をより有効ながん療法の規定にするために皆さんのご支援をいただき、これからもさらに国に働きかけていきたいと思っております。

NPO法人 抜苦ねっと理事長渡辺 信英(東北福祉大学 副学長・理事)