免疫細胞療法の種類

免疫細胞医療の種類

免疫細胞療法は増殖・活性化する免疫細胞の種類によって異なります。

免疫細胞療法 免疫細胞
CTL療法
(Cytotoxic T-Lymphocyte)
キラーT細胞
樹状細胞療法(DC療法)
(Dendritic Cell)
樹状細胞
NK細胞療法
(Natural Killer)
NK細胞
γδT細胞療法 γδT細胞
BAK療法
(Biological response modifier Activated Killer)
NK細胞
γδT細胞
キラーT細胞

CTL療法

CTL療法は患者さんの血液からキラーT細胞を分離した後、自己のがん細胞(採取不可能な場合は人工ペプチド抗原)とともに培養し、記憶・増殖・活性化したものを体内に戻す治療法です。体内に戻ったキラーT細胞は、記憶したがん細胞に対して、特異的に攻撃します。

CTL療法

樹状細胞療法

樹状細胞療法の血液採取方法は2通りあります。1つ目は患者さんから血液を採取し、単球を分離する方法、二つ目は、成分採血で樹状細胞だけを採取する方法です。採取した単球、樹状細胞は、自己のがん細胞(採取不可能な場合は人工ペプチド抗原)とともに培養し、誘導・記憶・増殖・活性化したものを体内に戻す治療法です。体内に戻った樹状細胞は、記憶したがん細胞の情報をキラーT細胞に伝え、キラーT細胞が情報をもとにがん細胞を特異的に攻撃します。

樹状細胞療法

NK細胞療法

NK細胞療法は患者さんの血液からNK細胞を分離した後、培養し、増殖・活性化したものを体内に戻す治療法です。体内に戻ったNK細胞は、正常なHLAを発現していないがん細胞を非自己とみなし、攻撃します。その他の認識・攻撃方法としては、がん細胞が発現するMIC A/B分子をNKG2Dで認識し、攻撃する方法があります。

NK細胞療法

γδT細胞療法

γδT細胞療法は患者さんの血液からリンパ球を分離した後、γδT細胞を選択的に培養し、増殖・活性化したものを体内に戻す治療法です。体内に戻ったγδT細胞は、がん細胞が発現するMIC A/B分子やIPPをそれぞれNKG2DやγδTCRで認識し、攻撃します。

樹状細胞療法

BAK療法

BAK療法は患者さんの血液からリンパ球を分離した後、特殊な培養方法によりNK細胞、γδT細胞を中心としたCD56陽性細胞をメインに増殖・活性化させます。さらに、CD56陽性細胞以外のキラーT細胞、ヘルパーT細胞も増殖・活性化させ、約100億個の免疫細胞を体内に戻す治療法です。体内に戻ったCD56陽性細胞を中心とする免役細胞は、がん細胞を包囲し、様々な方向から攻撃します。

NK細胞療法