標準治療

標準治療(三大療法)とは

病院でがんと診断された時、がんの状態に合わせて医師が治療法を決めます。現在は、各臓器のがんに対して治療ガイドラインが定められており、そのほとんどが手術、放射線療法、化学療法の組み合わせになっています。各療法にはメリットがあり、それを組み合わせることにより、最適ながん治療となりますが、共通して肉体的苦痛が伴い、生活の質(QOL:Quality Of Life)が低下します。

治療法 メリット デメリット
手術療法 がんが早期で原発巣だけであれば、効果がある。 転移巣がある場合は、限界がある。また手術により周りの正常臓器を傷つけるので免疫力が著しく減弱する。
放射線療法 脳腫瘍・骨転移には有効。手術によらず照射出来るので、患者さんの負担が少なく有効。
外来での治療ができる。
放射線は正常細胞をも通過するため、がん細胞だけではなく、正常細胞も破壊され、副作用に悩まされる事になる。
化学療法 白血病などの血液がんに関しては、かなり効果をあげている。
外来での治療ができる。
正常細胞までも殺すことがあり、副作用が強く、患者さんに苦痛をもたらし、生活の質(QOL)が低下する。

放射線療法の種類

種類 特徴 主な適応がん デメリット
X線、ガンマ線 一般的な放射線治療。
ガンマナイフやサイバーナイフを含む。
  • 脳腫瘍(ガンマナイフ)
  • 頭頚部
  • 食道
  • 乳房
  • 前立腺
  • 肝臓
  • 体表付近のがんには効果的だが、体の深部にいくにつれて効果が低くなり、正常細胞へのダメージも大きくなる
  • 高精度のガンマナイフやサイバーナイフは大きながんには効果が低い
陽子線 X線よりも強いエネルギーを持つため、殺傷能力が高い。
  • 頭頚部
  • 肝臓
  • 前立腺
  • がんに厚みがある場合は効果が低くなる
  • 全国で陽子線治療が行える医療機関が10か所しかない(2014年現在)
  • 保険適応外
重粒子線 陽子線よりも強いエネルギーを持つため、殺傷能力が高い。
  • 脳腫瘍
  • 骨腫瘍
  • 肝臓
  • 前立腺
  • 軟部腫瘍
  • 全国で陽子線治療が行える医療機関が4か所しかない(2014年現在)
  • 保険適応外

化学療法の種類

種類 作用機序 主な抗がん剤とその対象がん
分子標的薬 がん細胞の持つ特異的な性質を分子レベルでとらえ、それを標的として効率よく作用するようにつくられた薬です。
  • ハーセプチン(乳がん)
  • アバスチン(大腸がん)
  • ネクサバール(腎臓がん)
アルキル化剤 DNAの複製阻害によりがん細胞の分裂・増殖を抑えます。
  • エンドキサン(ほとんどのがん)
  • イホマイド(肺がん、前立腺がんなど)
代謝拮抗剤 DNAの合成阻害により、がん細胞の分裂・増殖を抑えます。
  • ゼロータ(再発乳がん)
  • ジェムザール(肺がん、膵がんなど)
植物アルカロイド DNAの複製阻害により、がん細胞の分裂・増殖を抑えます。
  • タキソール(卵巣がん、乳がんなど)
  • タキソテール(乳がん、肺がんなど)
プラチナ製剤 DNAの複製阻害、アポトーシス誘導によりがん細胞の分裂・増殖を抑えます。
  • シスプラチン(ほとんどのがん)
  • パラプラチン(卵巣がん、子宮頸がんなど)

がん難民とは

がん難民とは

がん治療は全ての患者さんが根治するわけではありません。患者さんの中には、標準治療を駆使したが、改善の余地がみられない方もいらっしゃいます。その際、医師は患者さんに対して「もう治療方法がありません。緩和医療をおすすめいたします。」と宣告します。また、副作用に耐え切れず、治療を拒否した際も、医師に同様の事を言われる可能性もあります。一方、患者さん側でも、治療説明や治療方針に不満や不納得を感じる方がいます。

このような患者さんをがん難民と呼び、がん患者の約53%(68万人に相当、平成14年度患者調査より)にも上ります。

副作用がなく、日常生活ができ、延命効果がある体に優しい治療法が模索されています。そこで、第4の治療法として、最も注目されているのが免疫療法(免疫細胞療法)です。